出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 《翌日の十五夜の月を待つ宵の意》陰暦8月14日の夜。小望月 (こもちづき) 。 秋》「―を終 (つひ) に雨来し梢かな/句仏

  1. 来るはずの人を待つ宵。

    1. 「―のふけゆく鐘の声きけばあかぬ別れの鳥はものかは」〈新古今・恋三〉