出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副助]名詞、活用語の連体形、一部の助詞などに付く。
  1. 動作・事柄の及ぶ距離的、時間的な限度・範囲・到達点を表す。「ここ迄来れば安心だ」「明日迄待ってください」「東京から大阪迄三時間かかる」

    1. 「堀江越え遠き里―送り来 (け) る君が心は忘らゆましじ」〈・四四八二〉

  1. 動作・事柄の及ぶ程度を表す。…ほど。…くらいに。「そんなに迄ぼくのことを思ってくれるのか」

    1. 「作法、世に珍しき―、もてかしづき聞こえ給へり」〈・桐壺〉

  1. 動作・事柄がもうそれ以上には及ばず、それに限られる意を表す。…だけ。「気に入らなければ断る迄さ」「念のために聞いてみた迄だ」

    1. 「タダ出陣ノトキ、貝ヲ吹クコト、コレ家ノ役ナレバ勤ムル―ヂャ」〈天草本伊曽保・陣頭の貝吹き〉

  1. 極端な例をあげて、他の場合を言外に推測させる意を表す。…さえ。「子供に迄ばかにされる」「実の親に迄見放される」

    1. 「賤 (しづ) の男 (を) ―、おのが顔のならむさまをば知らで笑 (ゑ) みさかえたり」〈・葵〉

[終助]確認・強調を表す。…ね。…よ。…ぞ。
    1. 「私がまゐって呼び返いて来 (こ) う―」〈虎明狂・乞聟〉

[補説]を格助詞と扱う説もある。また、3は、多く断定の意を表す語を伴って文末に用いられるが、「まずはお礼まで」のように断定の助動詞を伴わないで用いることもある。3の用法が転じたものと考えられ、中世末から近世にかけて用いられた。