出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ま(目)と(門)」の意》

  1. 部屋の採光・通風などのために壁や屋根の一部にあけてある穴。ガラスや障子などで外界と仕切る。

  1. 山稜 (さんりょう) の一部が深いV字形に切れ込んで低くなった所。越中でいう。きれっと。

  1. 株式などのチャートで、連続する蝋燭足値幅が重ならずに空いた、価格の隙間。急騰・急落の局面で現れる。→窓埋め