• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ま‐どお〔‐どほ〕【間遠】例文一覧 6件

  1. ・・・その中に鈍い物音が、間遠に低く聞えるのは、今でも海が鳴っているらしい。 房子はしばらく立ち続けていた。すると次第に不思議な感覚が、彼女の心に目ざめて来た。それは誰かが後にいて、じっとその視線を彼女の上に集注しているような心もちである。・・・<芥川竜之介「影」青空文庫>
  2. ・・・思わず身をすり寄せて、素足のままのフランシスの爪先きに手を触れると、フランシスは静かに足を引きすざらせながら、いたわるように祝福するように、彼女の頭に軽く手を置いて間遠につぶやき始めた。小雨の雨垂れのようにその言葉は、清く、小さく鋭く、クラ・・・<有島武郎「クララの出家」青空文庫>
  3. ・・・ この声が聞えるのには間遠であった。最愛最惜の夫人の、消息の遅さを案じて、急心に草を攀じた欣七郎は、歓喜天の御堂より先に、たとえば孤屋の縁外の欠けた手水鉢に、ぐったりと頤をつけて、朽木の台にひざまずいて縋った、青ざめた幽霊を見た。 ・・・<泉鏡花「怨霊借用」青空文庫>
  4. ・・・その男にはわたくしが好い加減な事を申して、今明日の間遠方に参っていさせるように致しました。」 この文句の次に、出会うはずの場所が明細に書いてある。名前はコンスタンチェとして、その下に書いた苗字を読める位に消してある。 この手紙を書い・・・<著:オイレンベルクヘルベルト 訳:森鴎外「女の決闘」青空文庫>
  5. ・・・極く丈の詰った影で、街燈が間遠になると鮮かさを増し、片方が幅を利かし出すとひそまってしまう。「月の影だな」と自分は思った。見上げると十六日十七日と思える月が真上を少し外れたところにかかっていた。自分は何ということなしにその影だけが親しいもの・・・<梶井基次郎「泥濘」青空文庫>
  6. ・・・ある種の文学者たち自身が営利的ジャーナリズムに関与しはじめたということのほか、今日どういうやりくりをしてか三百余種の文芸雑誌があるということを思えば『新日本文学』が紙のないためにあんな薄っぺらなものを間遠にしか出しえない事実は、私どもを深く・・・<宮本百合子「一九四六年の文壇」青空文庫>