出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 実際にはないのに、あるように見えるもの。また、まもなく消えるはかないもののたとえ。幻影。「死んだ母の幻を見る」「幻のようにはかない人生」

  1. その存在さえ疑わしいほど、珍しいもの。「幻の名馬」

  1. 幻術を行う人。

    1. 「たづね行く―もがなつてにても魂 (たま) のありかをそこと知るべく」〈・桐壺〉

源氏物語第41巻の巻名。光源氏52歳。紫の上と死別後、その一周忌法要を済ました源氏は、出家の意向を固めて身辺の整理をする。