出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「まよ」の音変化》

  1. 目の上に弓状に生えている毛。まゆげ。「眉をひく」

  1. 近世の烏帽子 (えぼし) の前面下部の中央、とがったひだの下のやや出っぱった所。

  1. 牛車 (ぎっしゃ) の屋形の出入口上部にある軒。

  1. 伊勢船造の箱型船首の装飾で、船首両側棚の下部に細長く眉状に黒く塗るもの。

  1. 虹梁 (こうりょう) 破風板などの下縁につけた装飾的な彫り込み。断面がレ字形の欠き眉、S字状の出入り眉、浅い円弧状の薙 (な) ぎ眉などがある。