出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ニシキギ科の落葉低木。山野に生え、葉は楕円形で、対生。雌雄異株。初夏、緑白色の小花が集まって咲き、果実はほぼ四角形で、熟すと四つに裂けて赤い種子が現れる。古くは材で弓を作った。やまにしきぎ。かわくまつづら。 花=夏 実=秋》

  1. (「檀弓」とも書く)マユミの木で作った弓。

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は蘇芳 (すおう) 、裏は黄。多く秋に用いる。