出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ワ五(ハ四)]7が原義で、のちに「まど(惑)う」と混同された》
  1. まぎれて、進むべき道や方向がわからなくなる。「山中で道に―・う」

  1. どうしたらよいか決断がつかない。「進学か就職かで―・う」「判断に―・う」

  1. 心が乱れてよくない方向へ行く。欲望・誘惑に負ける。「色香に―・う」

  1. 死者の霊が成仏できないでいる。「―・わず成仏して下さい」

  1. 区別がつかなくなる。まぎれる。

    1. 「霜を待つ籬 (まがき) の菊の宵の闇に置き―・ふ色は山の端 (は) の月」〈新古今・秋下〉

  1. 秩序なくあちこちへ行ったり来たりする。

    1. 「上の御局に参りちがふ気色どもしげく―・へば」〈・花宴〉

  1. 布の織糸が弱り、糸が乱れかたよる。

    1. 「御褥 (しとね) の少し―・ひたるつまより」〈・若菜下〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース