うり‐くずし〔‐くづし〕【売(り)崩し】 の意味

  1. 大量の売り物を出し、相場を下落させること。
  1. 特に、金融商品取引で、特定の銘柄について、現在の価格よりも安値で大量の売り注文を出すことにより、価格が下落しているように見せかけること。金融商品取引法で禁止されている相場操縦行為とみなされるおそれがある。→買い上がり