出典:デジタル大辞泉(小学館)

《語源未詳。「満更」は当て字》

[副]
  1. (否定的な表現のあとにさらに打消しの語を伴って)否定的な意味合いをやわらげたり、むしろ逆に肯定したりする気持ちを表す。必ずしも。「満更捨てたものでもない」

  1. 全く。ひたすら。

    1. 「―の下手が造ったものとは異 (ちが) う」〈露伴・太郎坊〉

[形動]《あとに来る否定的な意味の語を省略した形。近世語》まったく好ましくないさま。
    1. 「いづれ―なことさね」〈黄・孔子縞〉

出典:青空文庫