出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「じゅう(頭)」は唐音》小麦粉などの粉をこねた皮であんを包み、蒸すか焼くかしてつくった菓子。そばまんじゅう酒まんじゅうなど種類が多い。中国で諸葛孔明 (しょかつこうめい) が創始したと伝えられ、日本では、14世紀にから渡来した林浄因がつくった奈良饅頭に始まるとされる。