出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「まんだらげ」とも》

  1. (梵)māndāravaの音写。天妙華・悦意華などと訳す》仏語。諸仏出現のときなどに天から降り、色が美しく、芳香を放ち、見る人の心を楽しませるという花。

  1. チョウセンアサガオの別名。 夏》

  1. ムラサキケマンの別名。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語