出典:デジタル大辞泉(小学館)

《政 (まつりごと) を執り行う所の意》

  1. 政庁。特に、検非違使 (けびいし) の庁。

  1. 平安時代以後、親王摂政関白大臣などの家で、所領の事務や家政などを取り扱った所。

  1. 荘園の現地で支配の実務を扱った所。

    1. 鎌倉幕府の政庁。財政や鎌倉市中の雑人の訴訟をつかさどった。

    2. 室町幕府の政庁。財政のほか、貸借・土地などの訴訟をもつかさどった。

  1. 大社寺で、事務・雑務を取り扱った所。

  1. 宮中で、女御 (にょうご) に属した下級官吏。

  1. 北の政所」の略。

    1. 「―の京に出で給ふといひて」〈今鏡・一〇〉

  1. 最も重要なところ。頭分 (かしらぶん) 。首領。

    1. 「そうじて神の―、出雲の国の大やしろ」〈滑・膝栗毛・三〉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉