マンネリズム【mannerism】 の意味

  1. 手法が型にはまり、独創性や新鮮味がないこと。マンネリ。マナリズム。「マンネリズムを脱する」
  • 名詞
  • マンネリズム【mannerism】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・そして、日本の文芸にはこの紋切型が多すぎて、日本ほど亜流とマンネリズムが栄える国はないのである。

      織田作之助「大阪の可能性」

    • ・・・にもそのマンネリズムと、安易さと退屈とはあろう。

      倉田百三「学生と生活」

    • ・・・なんという、陳腐な、マンネリズムだ。

      太宰治「鴎」