出典:デジタル大辞泉(小学館)

《動詞「み(回)る」の連用形から》川・海・道などのぐるっと回り込んだ地形。「浦み」「里み」「隈 (くま) み」など、複合語として用いられる。