出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. からだや心のためになる。その人の役に立つ。「食べたものが―・る」「知識が―・る」

  1. その人の立ち場に立って考える。「親の―・って心配する」

  1. 心からその人のことを思う。和歌では多く草木の実にかける。

    1. 「花すすき穂に出でやすき草なれば―・らむとは頼まれなくに」〈後撰・秋下〉