出典:デジタル大辞泉(小学館)

わが身をつねって人の痛さを知る。自分に引き比べて人に同情する。

「ほどもなく消えぬる雪はかひもなし―・みてこそ哀れと思はめ」〈拾遺・恋一〉