出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「水 (みず) の緒 (お) 」の意》

  1. 浅い湖や遠浅の海岸の水底に、水の流れによってできる溝。河川の流れ込む所にできやすく、小型船が航行できる水路となる。また、港口などで海底を掘って船を通りやすくした水路。

  1. 船の通ったあとにできる跡。航跡。「遊覧船が―をひいてゆく」

[補説]書名別項。→

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉