出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 《「澪 (みお) つ串 (くし) 」で、「つ」は助詞「の」の意》にくいを並べて立て、船が往来するときの目印にするもの。和歌では「身を尽くし」にかけて用いることが多い。みおぎ。みおぐい。みおじるし。

    1. 「かくとだに岩垣沼の―しる人なみにくづる袖かな」〈式子内親王集

  1. 香の一。香味は少し辛く苦い。

源氏物語第14巻の巻名。光源氏28歳から29歳。冷泉帝の即位、源氏の内大臣昇進、明石の上の女児出産などを描く。
外村繁の中編の私小説。昭和35年(1960)「群像」誌に掲載。同年の第12回読売文学賞を受賞。