出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ五(四)]

  1. 物の表面を研いでなめらかにする。「レンズを―・く」

  1. こすって汚れをとったり、つやを出したりする。「歯を―・く」「床を―・く」

  1. 念入りに手入れをして美しくする。「肌を―・く」

  1. 努力して学問や芸をますます上達させる。「腕を―・く」

  1. 栄えを増す。光彩を加える。

    1. 「対の上の御もてなしに―・かれて」〈・若菜上〉

[可能]みがける

出典:青空文庫

出典:gooニュース