出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 自分の右手にいる者にならえ。横隊の列などを整列させるときの号令。

  1. 最初に行った人のまねをしたり追随したりすること。特に、無批判にそうする場合をいうことが多い。「部長に右に倣えしてゴルフを始めた」

[補説]「右へ習え」と書くのは誤り。