出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]うるさ・し[ク]
  1. 物音が大きすぎて耳障りである。やかましい。「隣の話し声が―・い」

  1. 注文や主張や批評などが多すぎてわずらわしく感じられる。細かくて、口やかましい。「―・い小姑 (こじゅうと) 」「規則が―・い」「ワインにはなかなか―・い」

  1. どこまでもつきまとって、邪魔でわずらわしい。また、ものがたくさんありすぎて不愉快なさまにもいう。しつこい。「ハエが―・くつきまとう」「この写真はバックが―・い」

  1. いやになるほどにすぐれている。

    1. 「御心とどめて物宣ふにこそあめれ。―・き人の幸ひなりや」〈宇津保・沖つ白浪〉

  1. いやになるほどに、こまごまといきとどいている。

    1. 「れいの―・き御心とはおもへども、えさは申さで」〈・夕顔〉

  1. 技芸がすぐれている。

    1. 「織女 (たなばた) の手にも劣るまじく、その方も具して、―・くなむはべりし」〈・帚木〉

[補説]古くは、いきとどいて完全であるさまを、わずらわしく感じる意と、よしとする意の両面からいった。
[派生]うるさがる[動ラ五]うるさげ[形動]うるささ[名]
[用法]うるさい・[用法]やかましい――「人々の叫ぶ声がうるさい(やかましい)」「窓を打つ風の音がうるさい(やかましい)」「ブルドーザーの音がうるさい(やかましい)」のように、不快に感じる声・物音・騒音などには相通じて用いられる。◇「蚊のブーンという羽音がうるさい」など、必ずしも大きな音ではないが、わずらわしく感じられるときは「うるさい」が用いられる。◇また、「うるさい」は「規制がうるさい」「世間がうるさい」「髪が長すぎて、うるさい」「装飾がごてごてとうるさい」など、音以外の不快なものにも用いられる。◇「親がうるさい(やかましい)」「味にうるさい(やかましい)」「時間にうるさい(やかましい)」など、「あれこれ言う」の意味では相通じて使われるが、「やかましい」のほうががみがみ言う度合いが強い感じである。