出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代以後、三位以上の公卿または将軍の命を奉じてその部下が出した文書。本来は私的なものであったが、のち、公的な伝達文書として用いられるようになった。平安時代の摂関家御教書、鎌倉幕府の関東御教書、室町幕府御判御教書などがある。教書。

出典:青空文庫