出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ウルシ科の落葉高木。山野にみられ、葉は羽状複葉で、小葉は楕円形。雌雄異株で、初夏、黄色い小花が総状に咲く。果実はほぼ球形で白黄色。樹液から塗料をつくり、果実からは蝋 (ろう) をとる。中国の原産で、古くから日本でも栽培。皮膚がかぶれることがある。ウルシ科の双子葉植物木本で、樹脂道をもち、約600種が主に熱帯地域に分布。ハゼノキヌルデマンゴーなども含まれる。 花=夏 実=秋》

  1. ウルシの樹皮に傷をつけて採取した樹液(生漆 (きうるし) )に、油・着色剤などを加えて製した塗料。乾燥すると硬い膜を作り、水や酸に強い。