出典:デジタル大辞泉(小学館)

《御言 (みこと) を発するお方の意から。また、「御事」の意とも》

[名]上代、神や人の呼び名の下につけた敬称。「…のみこと」の形で使う。「小碓 (おうす) の―」
    1. 「恨めしき妹 (いも) の―の」〈・七九四〉

[代]二人称の人代名詞。

㋐相手を敬っていう語。あなた。

「―勝ちたらば国を分かちて知らしめん」〈今昔・一六・一八〉

㋑相手を軽く見ていう語。おまえ。

「そもそも、―、なすべき官物、その員 (かず) あり」〈今昔・二〇・三六〉

[補説]古事記の表記では「命」に統一、日本書紀では、至って尊いお方には「尊」、それ以外には「命」と使い分けている。