出典:デジタル大辞泉(小学館)

《天皇の御言 (みこと) を持ち、政 (まつりごと) を行う意》上代、勅を受けて任地に下り、政務をつかさどった官人。律令制国司の前身。

「山部連小楯 (やまべのむらじをたて) を針間 (はりま) の国の―に任 (ま) けし時」〈・下〉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉