出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]《不変の美や気高さなどをいうのが原義》
  1. 自分の意志や主義・主張を貫いて、誘惑や困難に負けないこと。節操。「信徒としての操」

  1. (女性の)貞操。「操の固い妻」

  1. 上品で、みやびやかなこと。また、そのさま。

    1. 「うとき人に見えば、おもてぶせにや思はむと憚り恥ぢて、―にもてつけて」〈・帚木〉

  1. 常に変わらないこと。また、そのさま。

    1. 「深き山の本意 (ほい) は、―になむ侍るべきを」〈・東屋〉

[補説]作品名別項。→