出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 非常にこまかいちり。

  1. 物が割れたりして、非常にこまかくなること。「茶碗が微塵に砕ける」「粉微塵」「木っ端微塵」

  1. (下に打消しの語を伴う)量や程度がごくわずかであること。「微塵の敵意もない」「微塵も違いがない」

  1. 仏語。物質の最小単位である極微 (ごくみ) を中心に、上下四方の六方から極微が結合したきわめて小さい単位。転じて、非常に微細なもの。

    1. 「善業は―ばかりも蓄へなし」〈平家・一〇〉