出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 湿りけを帯びること。また、その湿りけ。「潤みをたたえた黒い目」

  1. しっとりとした趣。うるおい。

    1. 「幾つも並んだ窓から―もない明りが射していた」〈近松秋江・青草〉

  1. 濁ったり、色が不鮮明になったりすること。

    1. 「田の水も―が多くなってねえ」〈藤村千曲川のスケッチ

  1. 酒の醸造の過程で、泡が透明にならず、濁っていること。また、その酒。

  1. 潤み色」の略。

  1. 潤み朱」の略。

出典:青空文庫

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[生活/料理]カテゴリの言葉