出典:デジタル大辞泉(小学館)

Ulmer Münster》ドイツ南部、バーデン‐ビュルテンベルク州の都市、ウルムにあるゴシック様式の大聖堂。1377年に起工、1890年に完成した。尖塔 (せんとう) の高さは161メートルあり、教会の塔としては世界一の高さを誇る。第二次大戦でウルム市街の多くが破壊されたが、この聖堂は被災を免れた。