出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「未 (いま) だ曽 (かつ) て有らず」の意》

  1. 今までに一度もなかったこと。また、非常に珍しいこと。希有 (けう) 。みぞうう。「未曽有の大地震」

  1. 十二分経の一。仏・菩薩 (ぼさつ) による奇跡を記した経典。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:gooニュース