出典:デジタル大辞泉(小学館)

マメ科の小低木。山野に生え、高さ40~90センチ。葉は3枚の長楕円形の小葉からなる複葉。8、9月に、白い小花を穂状につける。豆果は鉤 (かぎ) 状の毛があり、衣服につきやすい。茎葉を入れて味噌の味を直し、またわいた蛆 (うじ) を殺すのに用いるという。小槐花。うじくさ。みそくさ。

[生物/植物名]カテゴリの言葉