出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「礼記」曲礼下から》何度いさめても主君が聞き入れないときは、いさぎよく辞職する。