出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「御 (み) 路 (ち) 」の意》

  1. 人・車・船などが、往来するように整備された所。通路。道路。また、航路。「―を横切る」「―が混む」「船の通う―」

  1. 目的の場所に至る経路や、その途中。途上。「帰る―で土産を買う」「駅へ行く―で知人に会う」「―に迷う」

  1. 目的地までの距離。道程。行程。「町までは約二キロの―」「遠い―」

  1. ある目的や結果に行きつく道すじ。「合格への―」「世界平和への―」「我が―を行く」

  1. 物の道理。ことわり。また、人として踏まなければならないとされる行動の筋道。道徳。「―をあやまる」「人の―に背く」「―ならぬ恋」

  1. 神仏の教え。特に、儒教・仏教などの教義。「法 (のり) の―」「仏の―を説く」

  1. 芸術・技芸などのそれぞれの分野。また、その精神真髄。「茶の―をきわめる」

  1. ある特定の分野。専門の方面。「その―の大家」「この―一筋」

  1. 事を行うためにとるべき筋道。手だて。方法。手段。「救う―がない」

[補説]作品名別項。→