出典:デジタル大辞泉(小学館)

道も狭くなるほどに。道いっぱいに。→狭 (せ) 

「吹く風をなこその関と思へども―散る山桜かな」〈千載・春下〉