出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動タ五(四)](打消しの語を伴って用いる)ある基準・数量まで達する。「定員に―・たない」「10歳に―・たない子」「意に―・たない」
[動タ上二]みちる」の文語形。
[動タ下二]
  1. いっぱいにする。満たす。

    1. 「玉敷かず君が悔いて言ふ堀江には玉敷き―・てて継ぎて通はむ」〈・四〇五七〉

  1. 望みなどをかなえる。満足させる。

    1. 「その本尊、願ひ―・て給ふべくはこそ尊からめ」〈・東屋〉

  1. 決められた時期に達する。一定の期間を終える。

    1. 「重き物忌みも既に―・てぬ」〈読・雨月・吉備津の釜〉

[補説]は中世以降、「耳にみつる物は鳴り下る雷 (いかづち) の音」〈盛衰記・七〉のように上二段にも活用し、更に上二段活用は上一段活用「みちる」に変化し、現在にいたる。または、下一段化せずに衰え、かわって「みたす」が用いられるようになった。

出典:青空文庫