• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

みっ‐つう【密通】例文一覧 3件

  1. ・・・「どうもこれじゃあ密通をしようという顔じゃあないね。」「何をいうんだ。」「何をもないもんですよ。千ちゃん! お前様は。」 いいかけて渠はやや真顔になりぬ。「一体お前様まあ、どうしたというんですね、驚いたじゃアありませんか・・・<泉鏡花「清心庵」青空文庫>
  2. ・・・けれども、出入りの八百屋の御用聞き春公と、家の仲働お玉と云うのが何時か知ら密通して居て、或夜、衣類を脊負い、男女手を取って、裏門の板塀を越して馳落ちしようとした処を、書生の田崎が見付けて取押えたので、お玉は住吉町の親元へ帰されると云う大騒ぎ・・・<永井荷風「狐」青空文庫>
  3. ・・・私は家の女中が何処から聞いて来たものか、あの瞽女は目も見えないくせに男と密通いて子を孕んだのだと噂しているのを聞いた事がある。 これも同じ縁日の夜に、一人相撲というものを取って銭を乞う男があった。西、両国、東、小柳と呼ぶ呼出し奴から行司・・・<永井荷風「伝通院」青空文庫>