出典:デジタル大辞泉(小学館)

Canal du Midi》フランス南部、地中海の港湾都市セートとガロンヌ川上流の都市ツールーズを結ぶ運河。全長240キロメートル。17世紀に徴税使ピエール=ポール=リケの発案により、国家事業として造営。19世紀に鉄道が開通するまで、地中海と大西洋を結ぶ大量輸送を担った。1996年、世界遺産(文化遺産)に登録された。