出典:デジタル大辞泉(小学館)

夜明けに近いころ。

「―の風のけはひさへぞ心ことなる」〈紫式部日記