出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「みと」は「御処」で神有地の意かという》神にささげる稲を作る田。神田 (しんでん) 。

「および―を増し給ふ」〈持統紀〉