出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]

  1. 仮にそうと見る。そうでないものをそうとする。仮定する。「雪を花と―・す」

  1. 判断してそうと決める。「返事のない者は欠席と―・す」

  1. 法律で、ある事物と性質の異なる他の事物を、一定の法律関係について同一視し、同じ法律効果を生じさせる。「未成年者が婚姻すれば成年に達したと―・される」

  1. 見とどける。

    1. 「命長くて、なほ位高くなど―・し給へ」〈・夕顔〉

  1. 世話をして育てあげる。

    1. 「人なみなみに―・したらむこそ嬉しからめ」〈・総角〉