出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 頭部の左右にあり、聴覚および平衡感覚をつかさどる器官。哺乳類では耳介 (じかい) (耳殻 (じかく) )が張り出し、鳥類とともに外耳中耳内耳の3部分からなる。爬虫 (はちゅう) 類・両生類では中耳・内耳があり、鼓膜が露出。魚類では内耳だけで、平衡器としての働きが大きい。「耳まで真っ赤になる」

  1. 聞く能力。聴力。また、聞くこと。聞こえること。「耳がいい」「耳に快い音楽」

  1. 耳のように器物の両側についている部分。取っ手。「鍋の耳」「水差しの耳」

  1. 紙や食パンなどのふち・へり。織物で、横糸が折り返す部分。「パンの耳」「紙の耳をそろえる」

  1. 針の糸を通す穴。めど。「針の耳」

  1. 本製本の書籍で、背の両側のやや隆起した部分。

  1. 兜 (かぶと) の吹き返しの異称。

  1. 大判・小判のふち。転じて、その枚数。

    1. 「千両の小判―がかけてもならぬ」〈浄・傾城酒呑童子〉