出典:デジタル大辞泉(小学館)

人の言ったことを信じて、自分の目で見たことは信じない。遠くのことをありがたがって近くのことを軽んじる。

「―・ふは、俗の常の弊なり」〈平家・三〉