出典:デジタル大辞泉(小学館)

三味線を高低2音で合奏するとき、高音を奏する三味線。また、その奏者。三味線に枷 (かせ) をかけて振動する弦の長さを短くし、低音のほう(本手 (ほんて) )より完全4度、または完全5度高く調律する。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉