出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代以降、不吉を避け、幸福を祈願して、正月と12月の初午 (はつうま) の日に、高皇産霊神 (たかみむすひのかみ) 以下6柱の神を祭ったこと。みやのめのまつり。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉