出典:デジタル大辞泉(小学館)

カバノキ科の落葉低木または高木。本州中部地方から北にみられ、高さ2~10メートル。葉は楕円形で、縁に細かいぎざぎざがあり、裏面が粘つく。5、6月ごろ、尾状の雄花穂と短い円柱状の雌花穂とをつける。

[生物/植物名]カテゴリの言葉