出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「めが(芽香)」の音変化という。「茗荷」は当て字》

  1. ショウガ科の多年草。地下茎が横に伸び、地上茎は高さ50センチ~1メートル。葉は長楕円形で、互生。夏から秋にかけ、地際に苞 (ほう) が2列に重なって卵状の花穂をつけ、苞の間から淡黄色の3弁花を出す。全体に特有の香りがあり、茗荷の子とよぶ花穂や若芽を食用にし、栽培される。熱帯アジアの原産。めが。 子=夏 花=秋》「日は宙にしづかなるもの―の子/林火

  1. 紋所の名。ミョウガの芽や花を図案化したもの。

  1. おろかな人。1をたくさん食べると物忘れするという俗説からいう。

    1. 「大門を這入 (はひ) る―に出る生姜」〈柳多留・一二二〉