出典:デジタル大辞泉(小学館)

鳥居の形式の一。柱は亀腹 (かめばら) の上に立って内側に傾き、笠木 (かさぎ) 島木の両端が上に反り、額束 (がくづか) と楔 (くさび) のあるもの。最も普通にみられ、木造では朱塗りのものが多い。