出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安後期から中世にかけて、荘園国衙領 (こくがりょう) の構成単位をなす田地。開墾・購入・押領などによって取得した田地に、取得者の名を冠して呼んだもの。名 (みょう) 。→名主 (みょうしゅ)