出典:デジタル大辞泉(小学館)

上差 (うわざし) に使う、鏑矢 (かぶらや) 

「―を抜き、願書にとり具して、大菩薩の御宝殿にこそ納めけれ」〈平家・七〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉